スマホ2年縛りの違約金が1000円になる!?

スマホ2年縛りの違約金が1000円になる!?

家計の代表的な固定支出である携帯電話代について

10月1日より、携帯電話料金の見直し法案が開始されます。

毎月の固定支出として悩まされてる方も多いのではないでしょうか?

大手通信会社の携帯電話料金は高くて、格安SIMに乗り換えた人も多いはず。

そんな大手通信会社である3大キャリアdocomo、au、SoftBankで契約はしてるけど、満足がいかなくて乗り換えたい!

と思っている人達には朗報なニュースがありましたので紹介します!

改正法令の施行により、2年定期契約を途中で解約する際の違約金の上限が1000円、定期契約と期間を縛らない契約との月々の通信料金の差額は170円までとなる。10月1日以降の新規契約が対象で、既存契約の内容には影響はない。また、スマホ端末の値引き額も最大2万円に制限される。

引用元:読売新聞オンライン

好きな時に乗り換えが出来る!?

今までの大手通信会社の解約金は9,500円でした。

金額が高いので、解約金のかからない月まで利用してから乗り換えよう…そう思って我慢してませんか?

これが10月から大幅に安くなることによって、好きなタイミングで解約して乗り換えることができるようになりましたね!

ただし、乗り換え時の機種代金の割引にも制限がされているので、今までのような 乗り換えが一番お得!とは言いにくいかも知れません…

月々の料金が高くなる!?

定期契約と期間を縛らない契約との月々の通信料金の差額が170円までとなっており、

これによって月々の料金プランの値段が上がる可能性があります。

現在の定期契約と期間の縛りなしの月々の通信料金の差額はこちら!

※定期契約とは2年縛りのことです。

NTT docomo

例)ギガホ

定期契約あり 6980

定期契約なし 8480

差額 1,500円

au

例)新auピタットプラン

定期契約あり 2,980円

定期契約なし 4,480円

差額 1,500円

SoftBank

例)ウルトラギガモンスター+

定期契約あり 7,480円

定期契約なし 10,180円

差額 2,700円

この差額が170円までに変更されるので、大手通信会社各社は新しい料金プランを検討しています。

定期契約有りの料金or期間の縛りがない料金、どちらに合わせてくるでしょうか?

解約金が安くなる分、料金プランが高くなる可能性は考えた方がいいでしょう。

規制対象は、携帯電話大手のNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、10月に自社で通信網を整備する携帯電話事業に参入する楽天モバイルなどで、契約数が少ない格安スマホ会社は対象外となる。

引用元:読売新聞オンライン

楽天モバイルに期待!?

10月には楽天も携帯電話事業に新規参入します!

今回の様々な規制の対象外なので、楽天ならではの安さで他キャリアと差をつける可能性があります!

解約金も1000円に下がり、乗り換えがしやすいこのタイミングで楽天はどう動くのか?

今後の携帯電話業界に注目ですね!