資産1億円を目指す! かの有名なウォーレン・バフェット氏もそうしてきた。

資産1億円を目指す! かの有名なウォーレン・バフェット氏もそうしてきた。

資産1億円というと宝くじ「1等○億円」のイメージだからか、数字のキリが良くて本当に頑張れば達成可能な数字だからか、言葉にすることも多く実現できたらいいな~と夢見る数字ですよね!

その資産1億円を夢で終わらせない為にも、自分にやれることはなんだろうと考え行動に移すことが必要ですね。
皆さんは1億円あったら何をしますか?

私は時間や場所にとらわれず、世界を回って勉強したいと思っています!

Advertisement

資産1億円を達成した方々の共通点とは

資産1億円を資産運用で達成した方々を「億り人」とも言います。
これは2008年公開の「おくりびと」という納棺師が主人公の映画からもじったというお話。

そして億り人となった人の共通点の中に無駄な事にはお金は使わないという節約家の方が多いという点があります。
節約が日常生活において習慣化していて苦という感覚はなく、むしろ節約を楽しんでいる方もいらっしゃいました。

ウォーレン・バフェット氏のシンプルな生活

アメリカの有名な投資家かつ経営者であるウォーレン・バフェット氏は2018年段階で推定資産883億ドル(9兆9800億円)を保有しているという事ですが、そんなウォーレン・バフェット氏も節約家として有名です。アメリカで3番目に裕福な方でも節約家なのです。

1950年代に購入した家に長らく住み、質素な車に乗り続け、好きなコカコーラを飲む生活。友人のマイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏にマクドナルドでランチを奢る。散髪代は18ドルというシンプルな生活。

とても意外ですよね。今の私なら少しだけでも見栄を張っちゃうかもしれません。はい。

ただ、慈善活動にはお金を惜しまないので2000年以降460億ドル以上を寄付しているようです。社会貢献をされているその姿勢にはとても感銘を受けますが、金額は想像がつかないくらい桁違い。。

ウォーレン・バフェット氏の言葉にこのようなものがあります。

「早い時期に節約の習慣を学ばないのは間違いです。節約というのは習慣ですから。ゆっくりお金持ちになるのは簡単です。でも、一気にお金持ちになるのは簡単ではありません。」

忍耐強く、コツコツと長年にわたって資産を積み上げてきたウォーレン・バフェット氏だからこそ、この言葉が生まれ結果として今現在の資産となっているということ。

Advertisement

億り人への第一歩

普通の会社員の方でも億り人になった方は多くいらっしゃいます。最近ではSNSやTwitterでもそのような方を見かけます。自身も資産1億円の億り人を目指す1人であり、一会社員でありますが努力を怠らなければ体感的には達成可能かと感じています。

収入の多い少ないはそれぞれあるかと思いますが、どなたでも初期段階としてはいかに節約をして投資に充てられる資金を作れるかが大事だと思います。

多くの億り人の方々もそうして来たでしょう。そしてそれを今でも継続しています。

株式投資は誰にでもチャレンジでき、庶民でも大きな資産を築くことが出来るチャンスがあります。もちろん資産規模が大きければ大きいほど有利にはなりますが、まずは少ない元手からでも始めて見ることが大切かと思います。

使うところには使うことによって最大限満足感を得て、節約するところはしっかり節約するメリハリを持って貯蓄、そして投資を考えてはいかがでしょう。

例えば飲み物を買うならば自販機やコンビニよりスーパーを選んでみたり、クーポンがあるお店ではクーポンを提示する、国のキャッシュレス推進の波に乗って○○%OFFやキャッシュバックキャンペーンを受けてみたり、ポイントが貯まるお店では確実に貯めてみたりとちょっとした手間で浮いたお金を貯蓄、そして投資にまわすことは可能です。

頑張ったその先に今まで見たことがない世界が見えてきます。
資産1億円は夢でないかもしれません!

「夢は見るものではない。夢は叶えるものだ。」とどなたかもおっしゃっていました。どなただったでしょう。。