投資は焦らず、時間という存在をうまく使おう!

投資は焦らず、時間という存在をうまく使おう!

人生の中で時間という存在は時に短く感じたり、時に長く感じたりします。
そして日々、時間は着実に流れていきます。

その時間という存在とうまく付き合うことでハッピーになるきっかけが作れるかもしれません!
今回はそんなお話です。

Advertisement

いち会社員にも資産1億円は可能

最近はSNSやTwitterで億り人と呼ばれる資産1億円を保有していらっしゃる方を目にする機会も増えてきました。日本において資産1億円以上保有している方はどのくらいの割合でいらっしゃるのでしょうか。

超富裕層(資産5億円以上)=7万世帯
富裕層(資産1億円以上)=114万世帯
準富裕層(資産5千万円以上)=315万世帯
アッパーマス層(資産3千万円以上)=681万世帯
マス層(資産3千万円未満)=4173万世帯

資産1億円以上保有している方は全体の約2%ですね。その中で会社勤めしながら投資も行なっている兼業投資家の方もいらっしゃいます。投資の運用益だけで生活していけるようになった方は専業投資家としてデビューされています。憧れの存在でありますね。

投資をこれから始めようと思っている方は、まずアッパーマス層(資産3千万円以上)、次に準富裕層(資産5千万円以上)を目指せばいいのかと資産1億円までの道のりが見えてきます。

時間があれば複利をうまく使える

日々の時間はどんどん過ぎていきます。何も行動しなければもちろん結果はついてきませんが、少しでも行動すれば大きな力となるのが複利です。

銀行における預貯金では利子が年率0.001〜0.2%であるのが一般的であるここ最近、株式投資では配当金が年率4〜5%ある銘柄も少なくありません。よって魅力のある株式投資による複利を計算していきます。 注:株価の値上がり値下がりはここでは考慮しておりません。

初年度100万円を貯蓄し、それを年間5%で運用すると資産105万円になります。

2年目はその105万円とこの年に貯蓄した100万円を合わせた205万円を年間5%で運用すると資産215.25万円になります。

3年目はその215.25万円とこの年に貯蓄した100万円を合わせた315.25万円を年間5%で運用すると資産331万円になります。

4年目はその331万円とこの年に貯蓄した100万円を合わせた431万円を年間5%で運用すると資産452.55万円になります。

5年目はその452.55万円とこの年に貯蓄した100万円を合わせた552.55万円を年間5%で運用すると資産580.17万円になります。

5年で80万円程の運用益が出る計算であり、その後も続けていくと運用益は雪だるま式に増えていきます。
10年では資産1273.52万円、運用益は273.52万円にも膨れ上がります。もちろん年間の貯蓄額や運用利回りをもっと増やせばさらに倍増していくということ。

これは時間があってこそ有利な方法であり、より早く始めた方が運用期間を長くすることができます。貯蓄より断然早く資産1億円に近づけます。

Advertisement

株価暴落時には尚チャンスあり

複利の効果を十分に活かしつつ、株価が下がった時(暴落した時)に株式を買うことができれば必要資金も少なくて済みますし、運用利回りも良くなります。
そんな時の為にも普段から節約をしつつ資金を貯めておける状況を作っておきましょう。

最近ではトランプショックや米中貿易摩擦等により株価が暴落したのは記憶に新しいですが、1年に何回かはそのような場面が来るかと思います。自身の気持ち的にはずっと株価は上がって欲しいと願っておりますが難しいものですね。。笑

欲が出ると焦ってしまいがちなので改めて要注意

株価が下がった時(暴落した時)は安く株式を手に入れるチャンスでもあるかもしれません。しかしそれ以上に株価が下がることもないとは言い切れません。

株式相場が荒れている時は一度冷静になって判断することにしましょう。経済ニュースも日頃からチェックしておくのがいいですね。

テレビではテレビ東京のモーニングサテライト(毎週月曜日〜金曜日 5時45分〜7時5分)やワールドビジネスサテライト(毎週月曜日〜金曜日 23時〜)がおすすめで、自身も楽しんで見ています。